企業へ巨額罰金 各国が熱心な訳

各国が企業への「巨額罰金」に熱心な理由

10月21日(土)11時15分 プレジデント社

米国や英国で企業が巨額の課徴金を課されるケースが増えています。約3000億円に達したケースもあり、最大2億円という日本とは事情が大きく異なります。さらに自国の法律を自国外にも適用する「域外適用」で、新興国での贈賄なども摘発対象になっています。「想定外」のリスクへの備え方とは——。■社員個人が禁錮刑、…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 日本は企業から政治家への支援があるので大手企業優先なんですね〜wアベノミクスで企業は利益を出していますが、内部留保でなかなか国民の給料には繁栄をされないのは今までの過去と何も変わってはいませんよ!

  • 日本は慰謝料が雀の涙だし、企業への罰金も爪の先ほどしかないです。

  • 大体、悪事は米国で露見する。国内は馴れ合いで不祥事会社の株が値上がりする。外国は容赦ないから会社は潰される。街の投資家は万全の注意を払われよ!

  • 旧来より日本政府の政策は、大鬼業優遇政策で、先進国とは真逆です!又、労働者も鬼業寄りの派遣法による奴隷扱い。

  • 生け贄となるであろう神戸製鋼、天文が学的賠償金がまってるww

  • 日本政府がーって・・労働者を奴隷扱いしてるのは共産党や労働党員の幹部家族以外の国民皆が等しく公平に貧しく搾取する共産社会主義国、党第一の国家主義で名ばかりの人民共和国。少しは目を開けて勉強しようね。

  • 日本は企業から政治家への闇献金ですか?

  • 日本は政治屋と小役人との癒着がすごいから 裏金は当たり前、粉飾決算も書類偽装もお友達なら罰はなし それどころかお友達なら国の土地をタダで渡すこともOKの腐敗行政なんだぜ

  • 結局は代官様とお殿様の為の世の中ってぇ事よ。商人や庶民は奴隷みてぇなもんだ。

  • 不当な理由でも裁判に勝てるからな

全件表示する

課徴金をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ