給与総額「平均賃金」27万2937円

「平均賃金」27万2937円、3か月ぶりプラス…9月勤労統計

11月8日(金)10時36分 読売新聞

厚生労働省は8日午前、9月の毎月勤労統計調査(速報)を発表した。労働者1人当たりの平均賃金を示す現金給与総額は前年同月比0・8%増の27万2937円で、3か月ぶりのプラスとなった。厚労省によると、企業が人手不足対策として賃金を上げたことが要因とみられる。賃金の伸びに物価の変動を反映した実質賃金も同0…

記事全文を読む

9月の実質賃金0.6%増=賃上げ拡大、9カ月ぶりプラス—厚労省

11月8日(金)8時35分 時事通信

厚生労働省が8日発表した9月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、現金給与総額(名目賃金)から物価変動の影響を差し引いた実質賃金は前年同月比0.6%増と、9カ月ぶりにプラスとなった。名目賃金も0.8%増の27万2937円。賃上げの広がりで、パートを除く一般労働者の基本給などが増加したため。名目賃金の…

記事全文を読む

「平均賃金」をもっと詳しく

「平均賃金」のニュース

みんなのコメント

  • 平均額を引き上げている、国会議員を減らせよ。それと景気に左右されにくい公務員の高額な水準の引き下げと、本来支給する必要のない「勤勉手当」と称する賞与の廃止。

  • 公務員の賃金が平均を押し上げているだけでは?

  • でもそれ以上に消費税や所得税が上がってるからマイナスだろ普通

  • 正規非正規がこれだけ別れると2つピークがあり、平均に意味なし。統計学の専門家でないとわからないが実態を表す賃金指標を提案するべき。

  • 安倍政権下では、もはや無意味な毎月勤労統計調査なんて、まだやっていたんだねw

全件表示する

BIGLOBE
トップへ