人手不足も失業率0にならない訳

人手不足でも失業率がゼロにならない理由

11月9日(金)15時15分 プレジデント社

私たちが、人生の中でも特に多くの時間を費やす「労働」。労働経済学では、その市場がどうなっているのか、どう変化しているのかを考えます。働き方を客観的に見つめるうえで役立つ知識が満載!■「働く」に対する広い視野を手に入れて労働は、私たちの暮らしととても密接な関わりがあります。現代社会では、学校を卒業して…

記事全文を読む

「失業率」をもっと詳しく

「失業率」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 今の求人の4割以上は派遣社員の募集。それで就職できたとして40、50歳と年を取った時、雇切りされるのは目に見えてる。将来闇しかないと思うけど?

  • 働ければどこでもいいってわけじゃないからな。奴隷でもよければいいけど

  • 当然です 働かない奴生活保護者がいる限り。ねっ!

  • 国や大企業の言う人手不足とは、低賃金・長時間労働・激務でも正確に意思を伝えられない人材。つまり外国人が人手不足である。

  • 求人数も失業者数も、ハローワークに申請した数が基準になってるから、そもそも出鱈目に近いんだよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ