家電の王様ではなくなったテレビ

東芝テレビ事業売却 テレビは「家電の王様」ではなくなった

11月17日(金)7時0分 NEWSポストセブン

経営再建中の東芝が、昨年6月の白物家電事業に続き、テレビ事業も売り払うことを決めた。売却先は中国の家電大手、海信集団(ハイセンス)グループで、約129億円で譲渡する見込みだ。これで東芝の消費者向け家電はパソコンやLED電球などわずかしか残らないことになるが、パソコンの売却も時間の問題といわれている。…

記事全文を読む

「家電」のこれまでの出来事

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • TVの時代は終わったね。特にバラエティーは出演者だけが喜んでいて観る方はシラケるばかりだ。ニュースしか見ない。PCも供給過剰。もっと新しいものを見つけないとね。頭使え。

  • 東芝が技術丸ごと中国に売るからなぁ

  • こんなこといってるから自滅し淘汰されるんだよ...あほ...

  • 有機ELテレビはパネルは100%韓国産 国産テレビなんてどこも出してないよ。

  • 儲からない品は韓国と中国に任せておけ

全件表示する

家電をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ