東電グループ訴訟トラブルの背景

東電グループの訴訟トラブル判明!背景に天下り先優遇の企業体質

11月20日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

次世代電力計「スマートメーター」をめぐり、東京電力ホールディングスの子会社と工事業者との間でトラブルが発生している。その元凶は、東電子会社による営業妨害にある。新経営体制が発足した東電は、稼ぐ体質への転換を標榜しているが、そんな理想とは懸け離れた、身内に甘い企業体質が明らかになった。(「週刊ダイヤモ…

記事全文を読む

「東電」のこれまでの出来事

東電をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 国から税金を投入されているくせに、なんだ!もうつぶれてしまえ!

  • 腐敗した愚劣企業です!

  • あるだろうな 東電に限らん

  • 東電の送電部門を解体し、中部・北陸・東北に移譲が必要。東電は、発電・福島原発の処理の専門会社にすべき。

  • 文科省も天下り指摘され腹いせに加計問題を持ち出した背景は民進党系の官僚が天下り先確保に各大学の融通を聞き入れる東電も同じだよ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ