水道法巡り「警告本」相次ぎ出版

『日本が売られる』はベストセラーに 水道法改正めぐり「警告本」相次ぎ出版

12月4日(火)16時52分 J-CASTニュース

単行本や新書、小説などで「水道」が盛んに取り上げられている。ベストセラーのトップになっている本もある。国会では、「水道水」を巡る議論が佳境を迎え、水道法の改正案は、2018年12月4日には参院厚生労働委員会で可決、今国会で成立する見込みだ。水道水の民営化問題は、主に地方都市で問題になっていたことだっ…

記事全文を読む

「水道法改正案」をもっと詳しく

「水道法改正案」のこれまでの出来事

「水道法改正案」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 誰の為の民営化なんだ?

  • 命の根幹である水を利益主義の民間に委託運営とは、とんでもないことをしたもんだ。命より利益なのか?人命軽視も甚だしい。戦中の特攻隊に通じるものがある。

  • 日本を売りまくる、というこの政権に何を期待している? 自ら貧困への道を選んでいる日本。その意味すら解らない人間だけが賛同している。 

  • 地方切り捨てが始まりましたなぁ・・・

  • 放送法改正のほうが先だろうが。何でやらないんだ?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ