転職市場の主役 なぜ中高年に

転職市場の主役が若者から中高年に変わった訳

12月4日(水)11時15分 プレジデント社

2018年の転職者数は329万人。これは2010年より54万人多く、一貫して増え続けている。その理由は40歳以上の中高年層の転職が増えたからだ。なぜ中高年は転職するようになったのか。三菱総合研究所の奥村隆一主席研究員が解説する——。■転職者数の増加の主因は「中高年層」にありわが国の転職者数は2010…

記事全文を読む

「転職」をもっと詳しく

「転職」のニュース

みんなのコメント

  • 40歳未満は基本を知らないし言葉遣いも出来ないので使い物になら無いからでしょ?

  • 結構違法な事ばっかし起している外国人技能実習機構とかの連中使うより日本人中高年の方が何事にも安心だろうね!

  • 派遣社員や非正規雇用の中高年が多いからです。

  • 2,3年勉強して専門的な知識を持って転職すればたいていうまくいく 今の自分で勝負!とか営業職以外は無理 人生は長い!40代でも勉強している大人は欧米には普通にいるんだよ

  • マネージメントをやってました、じゃあね。そんな奴いっぱいいる。具体的利益を生んだ実績仕事がないと転職できんでし、失敗する。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ