ワゴンRがキュルキュル言わぬ訳

広瀬すずさんも驚いた ワゴンRが「キュルキュル言わない」のはなぜ?

12月4日(水)10時45分 ねとらぼ

軽ハイトワゴンの代表的車種にスズキの「ワゴンR」があります。1993年の登場から早26年を迎えるロングセラー車で、現行型は2017年にフルモデルチェンジされた6代目です。この6代目ワゴンRは広瀬すずさんと草刈正雄さんが出演するテレビCMも話題になりました。「キュルキュル言わないよ」──。赤信号で停ま…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • キュルキュル言ってたらベルトが傷んでるでしょ?今まで不良車両を販売してたの?それとあのCMの発音はワギナ・アールに聞こえます。やばくね?

  • 逆に他のクルマはキュルキュル鳴ってるのか? 今の車はどれも鳴かんだろ?それよりワゴンRのテールランプの接触不良をなんとかしろ、夜間走行時 左のテールが切れててブレーキ踏むと点灯するワゴンRが多いこと。

  • 軽は止めた方が良い、先日も高速で軽が逆走して輸入車の普通車と衝突。軽は即死。普通車は怪我で済んでいる。

  • キュルキュル言うかどうかより、構造が複雑になって故障箇所が増すことと、コストが上がる事の方が気になるが。優れた装置とは削ぎ落とす所がない程単純で機能を満たす物だよ。

  • たまにオラオラと言ってるのがいますけどね。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ