日本メーカー相次ぐ「国内回帰」

資生堂は36年ぶり新工場...日本メーカー相次ぐ「国内回帰」 メードインジャパン人気の高まりも背景に

12月7日(土)7時0分 J-CASTニュース

化粧品大手の資生堂は栃木県大田原市に化粧水や美容液などのスキンケア商品を製造する新工場を建設し、2019年12月末までに本格稼働する。同社の国内工場の新設は実に36年ぶり。アジアでの人件費の上昇や「メードインジャパン」人気の高まりが背景にあり、同業大手のコーセーも2021年度に山梨県南アルプス市に国…

記事全文を読む

「資生堂」をもっと詳しく

「資生堂」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 気づくのが遅すぎた。反日隣国への進出は失うものばかりで得るものは無い。

  • まず韓国から全ての業種は撤退すべき、報復などでは無く日本のブランドを守りパクリ製本を出回らせないためだ(笑

  • 国内回帰しても外国人労働者使うんじゃあいっしょだよ。やはり優秀な日本人をつかわなきゃいい製品は作れないでしょ。

  • 本来あるべき姿に戻っているだけです。ただ正規の従業員は管理職や技術、営業職のみで他は派遣や非正規という雇用の図式はあまり変わらんでしょうな。

  • 残念ですが従業員が集まりません

全件表示する

BIGLOBE
トップへ