日本人から敬遠?「京都」の未来

外国人を集め日本人に敬遠される「京都」の未来

12月12日(木)9時15分 プレジデント社

2018年の京都市への観光客数はインバウンドを含め5275万人で、観光消費額は3年連続で1兆円を突破した。だが、日本人宿泊客数は4年連続で減少している。ジャーナリスト・僧侶で京都在住の鵜飼秀徳氏は「近年の京都の混雑ぶりは異常。しかも悪質な観光公害が後を絶たない。京都は日本人から敬遠されるようになって…

記事全文を読む

「観光客」をもっと詳しく

「観光客」のこれまでの出来事

「観光客」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 落書き破壊トラブル多い京都は敬遠される。日本人は素朴な過疎地を目指すことになる。有名な観光地は外国人が沢山いて目障りに感じる。何が観光日本だ。ゴミ山にした日本政府は責任を取れと言いたい。

  • 何世紀にわたって保存管理されてきたものがここ数年で荒らされて消えてなくなって来てますよね。何世紀にわたって木造建築が残っているのは日本が多いのに落書き等で傷んでしまう。京都残念です。

  • 京都の観光地で着物着て歩いてる人の八割は中国人らしいが、実際こんな観光客で常に混雑しているのは京都じゃないだろと思う。京都は日本の京都で居続けるのか、それともUSJにしたいのかどちらだ?

  • よく行ってたのに、行きたいけど行きにくい場所になってしまった京都。

  • 京都も歴史にふんぞりかえっているから、何かあると文句ばかりでなく知恵を絞るべき。まずは寺社から税金取ろう。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ