「過剰で不適切表現」美STが謝罪

「日本の恥」「焼けた肌って汚くない?」肌の色の対立煽る特集に批判殺到 女性誌「美ST」が謝罪「過剰で不適切な表現」

3月19日(火)17時13分 BIGLOBEニュース編集部

美容雑誌「美ST」に掲載された肌の色タイプで主張を対立させる特集記事に批判が殺到し、炎上状態となっている。「美ST」編集部は、この特集記事に不適切な表現が含まれていたとして謝罪した。3月15日発売の「美ST」5月号では、「イエベもブルベもシミは全部とってトーンアップさせたい!」と題した特集記事を掲載…

記事全文を読む

「雑誌」をもっと詳しく

「雑誌」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 美容や健康に関する者は、過剰で不適切なものばかりだ。

  • なんでもかんでも謝罪する風潮に違和感ありです。企業も、間違っていないと自信があるなら、しっかりとした姿勢で臨めばいいと思う。今は、イチャモンばかりだから。いちいち反応していたらキリがない。

  • 日焼けしてる方が健康的に見えるからいいと思うけどね。

  • 今、美白が流行ってるし、化粧品業界も、美白、美白だから、宣伝ですね。焼けた肌が流行ると、商品が売れなくなると在庫を抱えて、まずいから。まあ、テレビもお金貰って?番組内で宣伝してるから。同じでしょう。

  • ブームに乗っているだけの人が実際にブームを仕掛ける人を批難しているという構図。女性には提案広告も駄目な時代のようだな。

BIGLOBE
トップへ