ゆず新曲「政治的」歌詞 真意は

ゆず新曲に「美しい日本」「靖国の桜」 異色「政治的」歌詞...その真意は?

4月9日(月)14時20分 J-CASTニュース

人気フォークデュオ・ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞が、インターネット上で注目を集めている。「美しい日本」「靖国の桜」——。このように、「政治的」とも捉えられるフレーズが頻出する歌詞に、「こういう思想の持ち主だったの?」などと困惑するユーザーが相次いでいるのだ。明るい曲調で「国歌」や「国旗…

記事全文を読む

「ゆず」をもっと詳しく

「ゆず」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 表現の自由です。芸術作品として解釈するべきでしょう。

  • 靖国の桜って、政治的か? 何が危険? 例によってありもしないことをメディアがでっちあげようと? 

  • たとえ右でも左でも、相手の意見を聞かなかったり非難したりしなければいいと思います。いろいろな考え方があるということを忘れないでくださいね。

  • 歴史の真実は一つ。靖国は日本国の誇りであり、大日本帝国は欧米列強の植民地支配に唯一対抗した国である。

  • 歌詞がこうだから右とか思想がどうのって捻くれている連中が騒いでいるだけだと思います。危険思想は自分の意に反した人たちを否定する連中だと思います。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ