大杉漣さん長男「会いたい」

大杉漣さんの急死から3か月 家族は「一瞬でもいい。会いたいと感じてしまう」

5月24日(木)18時10分 Techinsight

日本を代表する名優、大杉漣さんの急死から3か月が経った。今もなお、突然の別れを惜しむ声が途絶えることはないが、大杉さんの家族にとってもこの3か月はその存在の大きさを改めて感じる日々だったという。大杉さんの長男でフォトグラファーの大杉隼平氏が、自身のInstagramでその胸のうちを明かした。今月21…

記事全文を読む

「大杉漣」をもっと詳しく

「大杉漣」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • お気持ちお察しいたします・・・思い出は何度でも回想出きるけど悲しいね!

  • 去る者は日日に疎しなんだよねー寂しい限り

  • 家族の突然死は、しばらくしてから空虚な虚無感に苛まれるんです、鬱っぽくなる場合もありますね・・

  • とにかく早く切り替えること。悲しいものはいつまで経っても悲しい。忘れることではなく、父が亡くなったことを胸の内に留めて前を向くという事です。

  • その父の存在が大きいか小さいかは亡くなった後にわかる二度と会えない深い悲しみそれ自体が父の存在の大きさです

全件表示する

BIGLOBE
トップへ