小室が負けを認めたアーティスト

完全引退へ!小室哲哉が“負けを認めた”アーティストとは

5月26日(土)10時15分 アサジョ

1月の引退会見後も音楽活動を続けていた小室哲哉が、5月上旬から都内の病院で入院生活を送っていたことが明らかになった。「突発性難聴で片方の耳がほとんど聞き取れないくらい悪化して、2週間ほど入院していたようです。引退会見の前に引き受けていた仕事も、すべてやり終えたと本人はコメントしていました」(女性誌記…

記事全文を読む

「小室哲哉」をもっと詳しく

「小室哲哉」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 小室、お前は負けてねぇから。

  • 小室は天才の内には入らないと思う。

  • 小室にしかない才能は確かにあるが、客観的に観て小室が逆立ちしても勝てない同業者は他にもいる。その人達は皆、一過性の人気ではない。

  • レベルが違いすぎるでしょ。小室は機会をオモチャ扱いしてノリだけの音楽。時間がたてば忘れ去られる曲ばかり。音楽論理が出来ていないから。

  • 商業的にも、一時代を築いたのは間違いないでしょう!お疲れ様でした。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ