来年の大河 海老蔵が語りに抜擢

市川海老蔵、20年大河『麒麟がくる』で語り「襲名の年でもあり…大変光栄」

6月17日(月)11時36分 マイナビニュース

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、俳優の長谷川博己が主演を務める2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の“語り”を担当することが決定した。17日、東京・渋谷の同局で行われた新たな出演者発表会見で発表された。大河ドラマ第59作となる『麒麟がくる』は、戦国初期の戦乱の中、各地の英傑が天下を狙う一大叙事詩。大河…

記事全文を読む

「市川海老蔵」をもっと詳しく

「市川海老蔵」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 視聴者が嫌悪感持つ事を「話題性になる」と思い込んでるNHK

  • そもそも大河ドラマの趣旨から外れてきてることに気が付けよ

  • ワシ、こいつ、嫌い。

  • 語りで話題にして、サプライズ出演させるの、見え見えでしょおお〜〜!どや?そんくらい、すぐ読めますわ。軽〜いNHKだもの。

  • 海老蔵は歌舞伎以外、表に出ない方がいい 語りなら合っているんじゃないか

全件表示する

BIGLOBE
トップへ