たけし事務所「法的措置」報道に

ビートたけしの所属事務所『週刊新潮』報道に「法的措置をとることとしております」

6月20日(木)13時41分 オリコン

ビートたけし(72)が所属する芸能事務所・T.Nゴンは20日、同日発売の『週刊新潮』の掲載内容について「当社及び当社関係者に対する中傷記事については断じて許し難いものとして、法的措置をとることとしております」とコメントを発表した。同誌では、民法キー局社員の話として、昨年の独立後にテレビ出演のギャラを…

記事全文を読む

「ビートたけし」をもっと詳しく

「ビートたけし」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 新潮の記者が考えたとおりに関係者が話さなかったので関係者の発言のようにして記事を書いたって事だね。完全な捏造記事って事になります。書いた記者載せる事を許可した編集長出版元の新潮社はどう責任を取るかな?

  • 訴えを起こすくらいだから、事実と異なるんだろ。ハッキリさせて。

  • 裏ではセコくて小汚い事やってそうだもんね

  • 片方だけしか取材しないで、後は記者の主観と妄想で記事を書き、お金を儲けて、万が一訴えられても謝罪と賠償すればいいだけで、お金が残るのだろうね。恥ずかしい仕事だよ

  • さすが、週刊新潮。昔は読んでいたが記事に不透明さが多くあり、今は読んでない。私の中で読まない方が上手く生きていける週刊誌になっている。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ