スッキリのリポーターに猛批判

スッキリ・阿部リポーターの被災地母親直撃に「人間の言葉じゃない!」猛批判

7月11日(水)15時0分 アサ芸プラス

西日本全域を襲った豪雨により7月6日から行方不明になっている息子を探し、一縷の望みを懸けて土砂をかき分ける母親。その時、人はどんな声をかけたらいいのだろうか。ここで情報番組のリポーターが発したのは「今日は表情が厳しいと、個人的に思うんですが」との言葉だった。7月11日放送の「スッキリ」(日本テレビ系…

記事全文を読む

「スッキリ」をもっと詳しく

「スッキリ」のこれまでの出来事

「スッキリ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 「ねぇ、いまどんな気持ち? どんな気持ち?」 言い方を多少変えてもマスコミがやってる中身は全部これ。

  • 所詮安全な所からやってくる報道陣なんてこんなもの!被災者は他人事だと思っているんだろう。私が9年前水害で被災したとき、お見舞いの言葉も無しにいきなり報道の義務と言っていきなりレポートを開始しやがった!

  • 他人の不幸を視聴者に見せることでお涙頂戴を演出し視聴率を稼ごうとしているだけだからな。心から同情している相手ではないから相手の身になった言葉がかけられるわけがない

  • リポーターも、煽ってお金儲けしてあなたも最低だよ

  • ワイドショーだけだ無く、マスコミの取材姿勢特に非常識さは今に始まった事ではない。当事者の「気持ちになって」なんて事をこの連中に求めるのは不可能に近い。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ