高須院長 日赤に500万円寄付

高須院長、西日本豪雨の被災地支援で500万円寄付

7月12日(木)18時3分 日刊スポーツ

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が、西日本豪雨の被災地支援のため日本赤十字社に活動資金として500万円を寄付したことを報告した。高須氏は12日、ツイッターを更新し、「昨日名古屋日赤に500万円寄付をした」と報告。「今から名古屋の日赤のドクターチームが水害被災者支援のために岡山に向かう…

記事全文を読む

「高須克弥」をもっと詳しく

「高須克弥」のこれまでの出来事

「高須克弥」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 文句言ってる人は募金してるよね、金は出さないが口は出すって。私は東日本震災で義援金を頂いてるので少しでも役に立てばと思い募金するようにしています。

  • お金持ちで出せる人はもっと褒めておだててやるのが筋、ほめられていい気分になってもっともっと出してもらおう、

  • 高額寄付は、簡単にできるものじゃないでしょう。先にやられたと嫉妬して非難する人がいるのかな?。この人に続いて高額寄付する人は、何人出てくるのかな、楽しみですね。

  • こう見えて、高須先生は73歳なんですよねえ。奨学金の給付も行ったりして。自分が70歳台になった時にこんな事ができるか考えてしまいます。

  • 別に公表しなくてもいいんじゃない?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ