「投票白紙でも」浅野忠信の真意

浅野忠信「(投票は)白紙でもいい」 批判殺到も狙い通り?巧みな呼びかけが話題

7月15日(月)13時21分 J-CASTニュース

2019年7月21日に投開票が行われる参議院選挙をめぐり、俳優の浅野忠信さん(45)が「投票は白紙でもいいんだって」とツイートした。ツイートには「こんなことをわざわざつぶやく意味がわかりません」などと批判が殺到したが、真意は何だったのか。「流石の策士ですね」浅野さんは14日、「投票は白紙でもいいんだ…

記事全文を読む

「浅野忠信」をもっと詳しく

「浅野忠信」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 拍手でも構わない、それが意思なら。一番ダメなのは投票へも行かずごちゃごちゃ言う奴だ

  • 何よりも肝要なのは有名俳優の言葉だからと鵜呑みにせず自分で考えて投票する事よ。芸名か偽名か実名か知らんけど上辺だけ有名で本性の分からない人の話を参考にする意味を考えろ。

  • まあ行かないよりは白紙投票の方がましかもな。でも「より良い」候補者や政党をよく見極めて票を投じることが大事かと。マスコミの偏向報道や異質な活動家に惑わされず、見る目聞く耳を養い一票を投じてもらいたい。

  • 白票もある意味意思表示かも?与党も野党も支持しないってのが一番の正解かもしれない。野党は頼りないし、自民党は不正隠ぺいばかりだしね。

  • お前は出てくんな ご意見番にでもなったつもりか

全件表示する

BIGLOBE
トップへ