実は「653万部号」は売り損じだった?元週刊少年ジャンプ編集長が語る「巨大漫画誌」の影響力

3行まとめ

  • 北斗の拳の名エピソードは「連載が続かない」と危機感を感じたテコ入れだった
  • 人気漫画・シティハンターのハリウッド映画化には編集部も疑心暗鬼?
  • 1994年発売号の最大発行部数は653万部 この号は実売で98%に達した

実は「653万部号」は売り損じだった? 元ジャンプ編集長が語る“巨大漫画誌”の影響力

9月24日(日)8時40分 オリコン

人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊/漫画:原哲夫)や『シティハンター』(北条司)を担当し、週刊少年ジャンプの歴代最高部数653万部を記録した時代の元編集長・堀江信彦氏に、ジャンプ編集部の舞台裏を直撃取材。後編となる今回は、北斗の拳の名エピソード誕生秘密や、人気漫画の実写映画化について聞いた。■『北斗…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ニュースではないよね。

  • ジャンプはアンケート至上主義を止めて作家育てろよ。

  • へえ〜

  • バグマンはおもろかった

  • で、なんぼ儲けたの?その時のあんたの給料ボーナスは?

少年ジャンプをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ