朝ドラで業界のタブーに抵触か

NHK朝ドラ「わろてんか」業界のタブーに抵触か?

9月25日(月)7時0分 まいじつ

gandhi/PIXTA(ピクスタ)10月2日から朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)がスタートする。大阪を舞台に、日本で初めて笑いをビジネスにした、吉本興業創業者で女性興行師の吉本せいの奮闘ぶりが描かれる。主役の藤岡てんを演じるのは、映画『陽だまりの彼女』や『サバイバルファミリー』などに出演…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 史実にはいい加減な物もあれば純然たる事実もある、その狭間を楽しむのが大人のドラマの見方。おそらくこのドラマで吉本の闇に触れる事はないでしょう。

  • NHKと吉本かい。最近のお笑い吉本はスキャンダル不祥事続きだ。イメージアップねらっても ムリっす!

  • 過去の作品をみても分かるように、あくまで実在の人物をモデルにしているだけでドキュメントドラマではない。

  • 受信料とってドラマを作る必要なし!

  • ひよっこ面白かったから視聴率を超えるのは大変だろうな

  • このドラマは、そうゆう見方があるのね

  • 架純ちゃんが見られなくなるとは悲しい。架純ちゃん主演の別のドラマを放映してくれ。

  • 堂々と偏向放送するか、ドラマだと割り切って捏造するか。どっち?

  • お笑いやテレビ業界にタブーなんぞありまんのかん。

  • 朝ドラをじっくり見る人もいれば時計がわりに見ている人もいる。興行主とヤクザの関係なんて江戸時代から続いているものなんだし、必要ならサラッと触れておけば良いだけの事。

朝ドラをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ