動物カフェ「可哀想」発言が物議

動物カフェは「いじくりまわされて可哀想」 大石静、スタジオ凍りつく発言に賛否

9月26日(火)19時42分 J-CASTニュース

連続テレビ小説「ふたりっ子」や大河ドラマ「功名が辻」などで知られる脚本家の大石静さん(66)が、小動物と触れ合える動物カフェについて、動物が「可哀想」などと発言し、物議を醸している。番組の流れを無視した発言が非難される一方、コメント内容には共感する声もあがっている。「お金払って、こういうことで触れ合…

記事全文を読む

大石静をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ブームが去った動物カフェの生き物が、虐待同然に放置される現実もあったからなぁ…

  • 動物にとってはストレス以外の何物でもない

  • 世の中色々な考え方があって良いのではないでしょうか?大石さんが感じた事を言った事で視聴者は今一度、動物との接し方を考える機会になったのでは。

  • 利益優先きわものカフェ、客数が落ちれば動物たちの管理は二の次に成り最後は動物虐待がいつもの流れです。いづれも動物たちのストレスははかりしれません。

  • 結局商売だから、そりゃあ動物のためを思ってる奴は少なくなるわな

  • オーナーが好きでやってるカフェはそうではないと思うが、流行など商用でやってるカフェは動物も物扱いしてそう。

  • 動物愛護とは商売に使う事では無い。動物は一番信頼する人間と一緒にいる時が幸せと飼育経験のある者は知っている。ペットショップと同じで金儲けでは逆に動物虐待になる。

  • 空気の読めん奴だな。しかしながら言ってる事は確かにそう思う部分もある。

  • 動物カフェで展示できる動物は生後6ヶ月以下の仔犬や仔猫などは禁止する。展示できるのは、ペットショップで売れ残って?殺処分”になろうとしている動物たちに限定する。という法律を作ってください。

  • そんなこと言ったら見世物にされてる動物園や狭い場所で飼われてる家庭用ペットも本質は同じでは? カフェだけ言うのはどうかと

全件表示する

BIGLOBE
トップへ