SASUKE低迷の裏に「特別待遇」

「SASUKE」視聴率低迷の裏にあったA.B.C-Z塚田僚一への“特別待遇”

10月13日(金)9時58分 アサ芸プラス

10月8日に放送された「SASUKE」(TBS系)の20周年記念大会の平均視聴率が9.0%だったことがわかった。今年3月放送の第33回大会から0.5%減となり、10年の第25回大会でマークした7.5%以来の低調な数字となった。ただ内容的には、過去2回の完全制覇歴を持つ漆原裕治が4大会ぶりに1stステ…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 塚田僚一だけでなく でている素人の人たちの仲間意識もつまらなくしている要因。他の人の頑張りを応援するスポーツマンシップはわかるけど、単なる仲間内のチャレンジにしか見えず 見ている視聴者だけが蚊帳の外。

  • ただ単に飽きた。知らない一般人出ても応援する気になれない。

  • モノマネ番組と同じで大して変わらない同じようなパターンで見る意味ない。

  • つまらない

  • それで低迷してるとは思わないな。あまりに難易度が高くファイナルにすら進めないのが問題だと思う。視聴者は出演者の失敗を見たいわけじゃない。

  • 人間が考え作ったコースは飽きてくる、普通に運動会やってたほうが面白いかもよ

  • 芸能人だけでやってたら面白かったのに。読みが甘い今のD達。素人はたけし城みたいにしないと素人の有名人なんてウザイ。

  • むちゃなコースで怪我人出たって噂以降見てなかった…まだ続いてたんだ?

  • 視聴率とか爆死とかアサ芸のいつもの手口じゃないか。

  • 何か運動に長けてる人しか出れないイメージでただそれに付き合わせれてる感じにしか思えないんだよな

全件表示する

SASUKEをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ