漫画「ドラえもん」23年ぶり新刊

漫画『ドラえもん』23年ぶり新刊12・1発売 全6種類の異なる第1話を完全収録

11月8日(金)17時0分 オリコン

藤子・F・不二雄さんの人気漫画『ドラえもん』の全6種類の異なる第1話を完全収録した新刊『ドラえもん0巻』(小学館)が、12月1日に発売されることが決定した。てんとう虫コミックス『ドラえもん』としては、1996年のコミックス第45巻発売以来、実に23年ぶりの最新刊となる。これは『ドラえもん』の連載50…

記事全文を読む

幻の第1話収録!「ドラえもん0巻」が発売決定

11月8日(金)18時5分 おたくま経済新聞

漫画「ドラえもん」の連載50周年を記念して、6種類の異なる幻の第1話を完全収録した、23年ぶりの新刊「ドラえもん0巻」(てんとう虫コミックス)が、12月1日に発売されることが決定しました。「ドラえもん」は、小学館の雑誌「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」の6つ…

記事全文を読む

「ドラえもん」をもっと詳しく

「ドラえもん」のニュース

みんなのコメント

  • 正直言って、どうして今なのかよくわかりません。印税がほしい遺族がいるってことかなあ。きっと、ほんの一部の人の興味を満足するためにやるのでしょうが、ほぼ意味ないと思う。藤子Fさんも怒っているかもね。

  • 初期のドラえもんはまだ登場人物それぞれのキャラクターが定まっておらず、作者の藤子不二雄さんが試行錯誤していた様子がわかるね。もう亡くなって20年以上経つが、ご存命なら今日の漫画界をどう思われるかな。

  • 藤子不二雄さんの作品のアイデアは独創的ですね、私はSFが好きで結構読んでいますが同じ様なアイデアは無い強いて言えば米国のTVのタイムトンネルがチト共通点があるかな位です、あの天気の子も相棒で観たような

  • 掲載漫画は「ドラえもん」に限らず、幼児から小4まで同じ内容には出来ないから話も各誌で変えないといけないし大変。また日テレ版「ドラ」に出てきたガチャ子はこの雑誌「小学〇年生」にしか出ないんだよなあ。

BIGLOBE
トップへ