待遇が劇的に改善される中国と旧態依然の日本 アニメ業界に日中逆転のタイムリミット

3行まとめ

  • 日本のアニメ制作会社は作画作業の多くを中韓に発注し苦境を乗り切ってきた
  • しかし、中国ではアニメーターの待遇が改善されているが、日本は旧態依然のまま
  • アニメ監督・入江泰浩氏は「日本のアニメ業界は10年もたない」と警鐘を鳴らした

アニメ業界、“日中”逆転のタイムリミット 日本人アニメーター“海外流出”危機も

12月7日(木)8時40分 オリコン

昨今、残業代の未払いや、過重労働による過労死などの問題が相次ぎ、悪質な“ブラック企業”への問題意識が高まるなか、アニメーターの“ワーキングプア化”がアニメ業界の関係者によってつまびらかになった。そうした厳しい環境下で、古くから日本のアニメ制作会社は作画作業の多くを韓国や中国に発注することで苦境を乗り…

記事全文を読む

アニメーターをもっと詳しく

みんなのコメント

  • アニメを下に見すぎて予算廻さないTV局に問題あるんじゃない?クソ人気ないドラマのプロデューサーの方がアニメのプロデューサーより力があるからとかね

  • 期が変わる度に60本くらい新作アニメが出る。多過ぎ。制作本数を減らして質の良いアニメを増やしてくれ。政府もクールジャパン戦略でアニメを海外に売り込んでいるならアニメーター等の待遇改善に力を入れろ

  • 製作費の人件費は誰がピンハネしてるんだ? 公開してみろよ

  • わが日本は何もない白紙状態から想像して創作できるが、中国はただ模倣するだけで全くの白紙から創作など出来ないじゃん

  • 良いんじゃない。こんな事は30年前から言われてた事。記号化されすぎちゃって、どれも似た様な物しか作れなくなってきてる。クリエイターがなぜこういう記号になったのかを解らないで使ってる。終わりだよ。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ