矢が体を貫通し10歳男児が死亡

子供同士の喧嘩にクロスボウ 矢が体を貫通し10歳男児が死亡(米)

1月20日(土)19時5分 Techinsight

米オクラホマ州の小さな町で非常に恐ろしい殺人事件が起きていたことが明るみに出た。加害者は13歳で被害者が10歳。ちょっとした口論の末に加害者はクロスボウを持ち出したのであった。殺傷能力が極めて高い危険なクロスボウ。一般人でも簡単に手に入ることの不安を市民に改めて感じさせる事件となったようだ。事件が起…

記事全文を読む

オクラホマをもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 銃も殺傷機器も規制しない米国・・・自由の国のなりの果て

  • 銃だけでは満足せずクロスボウまで所持しているのか

  • そりゃ、もともとクロスボウはそういう目的で開発されたんだから当然だろうね。

  • 子供が使えるような市販品は矢じりをゴムにすればいいのに。

  • なんだトランプんとこか。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ