中国監視カメラの「監視と支配」

監視カメラ増加の必然、中国社会が抱える暴動リスク

1月21日(火)6時0分 JBpress

(姫田小夏:ジャーナリスト)上海市内を東西に走る肇嘉浜路で、作業員の男性がポールによじ登って監視カメラを設置していた。上海でも監視カメラがどんどん増えている。街の安全性向上、治安維持のために監視カメラがもたらすメリットは大きい。中国で交通違反が減り、交通マナーが大きく向上したのはカメラのおかげだ。犯…

記事全文を読む

「監視カメラ」をもっと詳しく

「監視カメラ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • こんな国に生まれなくて良かった。自由のない国中国!!

  • 都市戸籍と地方戸籍。住む地域に格差を設ける中国。平等はない。

  • 人民服と自転車で移動してたことは可愛げもあった、ギズモみたいに水を与えてはいけなかった

  • 中国人はマトリックスにつながれた状態の人間たち。中国人は、自分たちが中国共産党の「電池」として栽培されている現実を知らず、マトリックス世界を「現実」として満足して生きている。

  • 監視、監視、監視されている以外何があるんだ、国民の棒同党が共産党は恐れていることを国民は知れよバカのままで良いのか目を覚ませアホ!

全件表示する

BIGLOBE
トップへ