米国に慰安婦像 団体の正体

アメリカ国内に「慰安婦像」を建て続けるロビー団体の正体

1月26日(日)7時0分 NEWSポストセブン

1980年代からタレントとして、最近では作家としても活動する在日アメリカ人のケント・ギルバート氏。この数年間にいくつも設置された「アメリカの慰安婦像」について、韓国系ではないロビー団体の存在をケント氏は指摘する。***最近は、慰安婦像をアメリカ国内に作る動きが加速しています。ロサンゼルス郊外のグレン…

記事全文を読む

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のこれまでの出来事

「アメリカ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 国内の政治系職業が外国系で占め始めるとロクなことにならないという事だな。

  • 収容所に送られ戦場に送られるも、真摯さを捨てず米国人に信用される対象となった日系人。その信用目当てに日系人に転向するマイクホンダのような人間があらわれ、金を貰って反日活動に加担している。

  • どうせそんな事だろって考えてたよ、政治が裏で動いててあの造像も利用されてんだよ!中国が考えそうな話しだ!

  • まだおったんか、モルモン教の宣教師・・・

  • それでも習近平を国賓にする嘘つき総理がいるんですけど

全件表示する

BIGLOBE
トップへ