ホームレスになった母が無理心中

救助隊らの必死の声届かず 生活苦でホームレスになった母親、10歳息子を道連れに無理心中(コロンビア)

2月13日(水)10時0分 Techinsight

経済格差が激しいといわれる南米コロンビアで、このほど経済苦に陥ったシングルマザーが息子を道連れに無理心中するという悲劇が起こった。母親を思いとどまらせようと懸命に説得を試みた緊急サービススタッフらの声は悲しくも届かず、現場では号泣する人たちの姿が見られた。『TheSun』『Mirror』などが伝えて…

記事全文を読む

「無理心中」をもっと詳しく

「無理心中」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 日本は生活保護と言うセイフティーネットがある国で良かった。ただ外国人にまで日本人の為の最後のセイフティーネットを与えるのはおかしい。本国が面倒見るのが世界の常識です

  • 日本なら不正に生保を受給してマイカーでパチンコ屋に通ってる奴がいるのに。

  • 大阪市になぜ来ない? 韓国人であろうと共産市議、人権弁護士が区役所でごねて、すぐに生活保護だ。

  • さて日本はホームレスの母子家庭を見捨てるような非情な国かどうか

  • まぁコロンビアなら仕方がないね。生まれた自分を呪うしかない

全件表示する

BIGLOBE
トップへ