武漢に移動式焼却炉40台が搬入

武漢に移動式焼却炉40台が搬入 中国国内で「火葬のため?」不安の声

2月22日(土)11時50分 Techinsight

新型コロナウイルスの発生源とされる中国・武漢市で、人々は今も感染によって命を脅かされる日々を送っている。そんな中、武漢市内に40台ほどの移動式焼却炉が搬入された。中国メディアの多くは医療廃棄物を焼却するためと伝えているが、感染者の遺体の火葬を義務付けられている中国国内からは「遺体を火葬するためでは?…

記事全文を読む

「武漢」をもっと詳しく

「武漢」のこれまでの出来事

「武漢」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 証拠隠滅のスタート。

  • きっとノーカウントの方々用ですね。

  • YouTtubeより2日遅れのニュースですな、既存メディアの速報性の無さが如実に表れている。

  • 流石に土葬はしなく火葬。40台では足りないだろう。死者がうなぎ登り、100台は用意すべきだ。

  • 亡くなった人らの遺体とウイルスの付着したあらゆるものの焼却用に間違った事ではあるまい。やり方はいかにも短絡的で中国人らしいが、とにかく中国が発生地なんだから必要な措置は講じてもらわんとな。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ