日本のおかしな条例 中国が指摘

日本には「おかしな」条例がたくさんある—中国メディア

4月22日(日)9時30分 Record China

2018年4月18日、環球時報は、「日本で施行されている外国人から見るとおかしな法律や条例」を紹介した。記事は最初に、「神奈川県横浜市では生活ごみが10種類に分別されており、ごみの分類ぶりが市民の責任感を検査する試金石になっている」と紹介。「市が27ページのマニュアルを配布して、ごみの正しい分別方法…

記事全文を読む

「条例」をもっと詳しく

「条例」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 日本は公害を乗り越えて現在に至っている。ゴミの分別もその延長線上。公害垂れ流しで改善しようともしない中国が日本を語るべきではない。

  • 確かにおかしいのはあるが、ごみは川へ、賄賂、使い込みは当然、法律は守らない国に理解できないでしょ。

  • PM2.5たれ流しの国にゴミの分別が理解できるとは思えない。プラと生ゴミの燃焼温度を変えないとダイオキシンの問題が発生、衣服やペットボトル、段ボール、新聞紙もリサイクルする、すべては環境です。

  • 国民総監視社会・表現の自由のない他、中国はやばいよ。

  • 自由民主主義国家の大前提は、どんな権力者でも”法の支配”を受けるということです。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ