瀕死の友人に罪擦り付ける 米

飲酒運転で事故を起こした男、瀕死の友人に罪を擦り付ける(米)

5月27日(日)4時0分 Techinsight

飲酒運転は殺人行為と同じとも言えるが、日本でも過去に飲酒運転による危険運転致死傷罪で懲役22年という判例があった。このほどアメリカで飲酒運転により事故を起こした直後、瀕死の友人に自分の罪を被せようとした男の一報が届いた。『Metro』などが伝えている。米インディアナ州で2016年10月、車が木に激突…

記事全文を読む

「飲酒事故」をもっと詳しく

「飲酒事故」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 日本のドコかの大学と変わらんのぉー

  • 日本は無免許でも運転できれば事故を起こし人が死んでも軽犯罪扱いになります。危険運転致死傷罪になる事は殆どありません。殺人罪にしてもいい事故でも過失致死になります。初犯なら執行猶予がつきまた人を・・・・

  • 飲酒運転し偽装工作して死に追いやった、この被害者と今後の再発防止のためにも、中近東見たいに見せしめをしてほしい。どれほど絶望してみじめかに死んだか計り知れない。加害者に地獄の恐怖を味あわせたい

BIGLOBE
トップへ