自分の尻で実験 イグノーベル賞

会場爆笑、自ら肛門に内視鏡でイグ・ノーベル賞

9月14日(金)19時33分 読売新聞

【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=三井誠】自分自身に大腸内視鏡を挿入して検査した昭和伊南総合病院(長野県駒ヶ根市)の堀内朗・内科診療部長(57)が13日、人々を笑わせる真面目な研究を表彰する米国の「イグ・ノーベル賞」の医学教育賞を受賞した。日本の研究者のイグ・ノーベル賞受賞は2007年から12…

記事全文を読む

「座ったままでの大腸内視鏡検査」を自分のお尻で実験・研究 イグ・ノーベル賞、12年連続日本人が受賞

9月14日(金)11時28分 ねとらぼ

ユーモラスで考えさせられる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」。その2018年受賞者が発表され、昭和伊南総合病院消化器病センター(長野県)の堀内朗医師が、医学教育賞を受賞しました。テーマは「座った姿勢での大腸内視鏡検査について」で、自らの身体を使った研究姿勢が評価されました。通常、横向きに寝た状態で肛…

記事全文を読む

長野県医師にイグ・ノーベル賞

9月14日(金)11時40分 時事通信

「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米ハーバード大学で13日行われ、座った姿勢での大腸内視鏡検査を自らの体を使って研究した昭和伊南総合病院消化器病センターの堀内朗センター長(右)が「医学教育賞」を受賞した。 

記事全文を読む

自分の体で座位大腸内視鏡研究=長野県医師にイグ・ノーベル賞—米

9月14日(金)11時56分 時事通信

【ケンブリッジ(米東部マサチューセッツ州)時事】独創的でユーモラスな研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州のハーバード大学で13日行われ、座った姿勢での大腸内視鏡検査を自らの体を使って研究した長野県の昭和伊南総合病院消化器病センターの堀内朗センター長(57)=松本市=が…

記事全文を読む

「イグ・ノーベル賞」をもっと詳しく

「イグ・ノーベル賞」のニュース

みんなのコメント

  • イグ・ノーベル賞は、ふざけていたら絶対に取れない賞です。

  • 細かいとこは置いといて…とにかく、おめでとうw日本ばんざーい!

  • この賞ってかなり意義ある賞だと思う。みんなもしょう思うでしょう!

  • まだジンバブエドルって通用するのかwwwとはいえイグノーベル賞の研究からノーベル賞級の大発見に繋がることもあり得るだろうから決して疎かにはできないよな。

  • 昔、俺も自分の尻で 屁が燃えるか の研究したことがアル

全件表示する

BIGLOBE
トップへ