• アレクセイ・ナワリヌイ
  • ロシア

毒物被害の露男性 事件後初投稿

「自分で呼吸ができた」=ナワリヌイ氏、事件後初投稿

9月15日(火)20時32分 時事通信

【モスクワ時事】旧ソ連の軍用神経剤「ノビチョク」系毒物を盛られたとみられるロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は15日、入院先のドイツの病院で家族らと一緒に写った写真をインスタグラムに投稿し、「きのうは一日中、自分で呼吸ができた」と書き込んだ。8月20日の体調急変後、ナワリヌイ氏がコメント…

記事全文を読む

BIGLOBE
トップへ