余命僅かの父の為体外受精で出産

「孫を抱きしめて!」余命僅かの父のため体外受精で夢を叶えた女性(英)

9月23日(木)6時0分 Techinsight

末期がんで余命僅かの父のため、25歳だった女性は体外受精で妊娠して今年5月に男児を出産した。父は孫の誕生を誰よりも喜んでその腕に抱きしめ、約4か月弱を共に過ごして亡くなった。60歳だった。切なく温かいニュースを『Metro』『TheMirror』が伝えている。英ノッティンガム在住のキーラ・パーカーさ…

記事全文を読む

「余命」をもっと詳しく

「余命」のニュース

BIGLOBE
トップへ