MRIと酸素ボンベに挟まれ死亡

MRI撮影の患者、装置に吸い込まれた酸素ボンベに挟まれ死亡=韓国ネット「こんな悔しい死に方が…」

10月19日(火)8時20分 Record China

2021年10月18日、韓国・SBSによると、病院でMRI撮影(磁気共鳴画像検査)のため横になって待機していた患者が、突然飛んできた酸素ボンベと装置の間に挟まれ死亡する事故が発生した。記事によると、韓国南東部・慶尚南道の金海市にある病院で14日午後8時25分ごろ、MRI撮影のため装置のベッドに仰向け…

記事全文を読む

「酸素ボンベ」をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ