体面汚した事態 中国では美談に

海外では「国家の体面を汚した」事態、中国では美談に—中国紙

12月4日(火)19時10分 Record China

2018年12月3日、中国紙・環球時報のウィーチャット公式アカウントは、ドイツのメルケル首相が政府専用機の機体トラブルで、アルゼンチンでの20カ国・地域(G20)首脳会議に半日遅れで現地入りする異例の事態となったことについて、「海外では『国家の体面を汚した』などと批判を浴びたが、中国ではある『大V』…

記事全文を読む

「メルケル首相」をもっと詳しく

「メルケル首相」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 中国は世界の常識が通用しない国。パクリあり例のマラソンの誤魔化しや、平気で路上で便を垂れたりきりがない程だ。自分のことしか考えない可笑しな国。一度も民主化されてない国。中国とは世界の中心と云う意味だ。

  • 価値観が違うから共産党が支配した共産主義国家なんだろ

  • この国は世界の標準とは大幅にかけ離れている事を如実に表している

  • 中国人はマルクスを生んだドイツが好きだからね。だけど人権重視するドイツが、人権無視する中国へ投資や技術供与を積極的にする姿勢は、恥ずかしいと言うか、醜いと思うよ

  • 専用機をオネダリしたり、婦人と同行したがったりと。どこぞ極東の衰退途上国の大臣連中に聞かせてあげたい。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ