4K化進む テレビ局存在感薄まる

テレビ局、4K化で存在感薄く 8K制作も視野に入れた“黒船”

1月4日(土)7時5分 ITmedia NEWS

かつて、テレビを取り巻く事業環境はとてもシンプルだった。主なコンテンツは地上波のテレビ放送。そのテレビ放送をいかにキレイに見せるか。VHSやDVDといったパッケージ販売コンテンツも存在はしていたが、テレビ受像機とはテレビ放送を楽しむための商品であり、そこに大きな経済的な価値があった。メディアとしても…

記事全文を読む

「4K」をもっと詳しく

「4K」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 普通の画面で充分だけど

  • 視聴者の殆どは4や8Kなんぞ求めていない!NHKの無駄使い!

  • これ以上訳のわからんものを押し売りしないでください!ちなみに人間の眼の黄斑部分の解像度は4K程度だそうです。8Kは要りません。

  • 5年位前に大画面4Kテレビ無理して買ったが、いざ放送開始でチューナーがないとダメ・・・いい加減にしてほしい! もう見る気もしない、普通の画面で充分だ。

  • パソコンで4Kも映る時代に、NHK独自のやり方でリモコンや機器にまで利権で大儲けしようとしてるのは時代遅れ、規格外の商品つくって損する話は昔からだな

全件表示する

BIGLOBE
トップへ