懐かしのソフト「一太郎」の現在

懐かしの日本語ソフト「一太郎」健在 官公庁の「排除」の動きに「頑張れ」コール

1月18日(木)18時35分 J-CASTニュース

1980〜90年代に日本中を席巻した日本語ワープロソフト「一太郎」(いちたろう)。とっくになくなったと思った人も少なくないのではないか——。ところがどっこい、官公庁という意外な場所でしっかり活躍していた。その役所のひとつが「一太郎」をやめて「ワード」に統一しようという動きを見せたことから、ネットユー…

記事全文を読む

「日本語」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • ワードは今でも使いにくい、変換もATOKの方がスムースだったね。

  • Wordの使いにくさは超一級品。所詮外国産まれだから一太郎のような日本人にとっての使いやすさ+緻密さは欠片も持ち合わせていない。官公庁さんは仕事をスムーズにこなしたいなら少しは考えてくださいね。

  • 普段使いはWORD、2年おき位に一太郎の新バージョンも購入。日本語入力システムはATOKの方が優れているので、WORDの入力もATOKを使っている。環境は圧倒的に一太郎に不利だががんばって欲しい。

  • へー、普通に今も使ってるけどw

  • Wordも古いけど 一太郎も使いづらい IMEの性能はATOKの方が賢い。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ