AI手塚治虫 新作漫画掲載へ

手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定

2月7日(金)18時51分 ねとらぼ

「漫画の神様」こと手塚治虫の新作をAI技術で生み出すプロジェクト「TEZUKA2020」が、漫画『ぱいどん』を完成させたことを発表しました。2月27日発売の講談社『モーニング』13号に掲載されます。令和に手塚治虫の新作がよみがえる……!『ぱいどん』は、管理社会の進んだ2030年の東京で、記憶をなくし…

記事全文を読む

“手塚治虫らしさ”をAIが学習、新作漫画「ぱいどん」誕生 「モーニング」に掲載

2月7日(金)19時9分 ITmedia NEWS

キオクシア(旧社名は東芝メモリ)は2月7日、手塚治虫さんの作品を学習したAIを使って制作した漫画「ぱいどん」を、2月27日発売の「モーニング」(講談社)に掲載すると発表した。AIが手塚作品のストーリーとキャラクターの特徴を学習。AIの分析結果を基に、人間がシナリオ制作や作画を行ったという。ぱいどんは…

記事全文を読む

「手塚治虫」をもっと詳しく

「手塚治虫」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • やってはいけないこと。死者への冒涜。

  • 人の発想、特に手塚治虫クラス位になれば無限大、AIごときが及ぶ訳が無い。絵は似ててもそれこそ足元にも及ばないだろう。試しに火の鳥の新作でも描かせてみてくれよ

  • AI美空ひばりの次は、AI手塚治虫ですか‥‥。

  • AI使わなくてもそっくりに描けるだろうが、話題作りだね

  • AI総理大臣で日本は安泰

全件表示する

BIGLOBE
トップへ