ピサの斜塔が倒壊しない理由

4回の大地震でも倒壊しなかったピサの斜塔 その理由が判明

5月14日(月)7時42分 財経新聞

●1280年から4回発生した大地震でも倒れなかった斜塔その傾斜にもかかわらず、800年以上も倒壊することなく残るピサの斜塔。12世紀の半ばから建造がはじまったサンタ・マリア・アッスンタ大聖堂の鐘楼は、歴史に残る4回の大地震でも倒壊せずに現代にいたる。その理由を、ローマ・トレ大学のカミッロ・ヌーティ教…

記事全文を読む

「ピサの斜塔」をもっと詳しく

「ピサの斜塔」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 簡単に言えば、柔らかい土壌が揺れを吸収してくれたという事だな。でも、そんなにやわらかいのなら、傾いた棟をよく支えられるものだな。

  • 朝日新聞の斜塔はもうすぐ倒壊

  • 普通、建設中に傾いたなら途中で工事を中止するだろうがっ 最後まで工事を貫徹した強い意志と心意気に拍手

  • 震度6なら倒壊すると思うワケだが

  • 今のうちだぜ。いつかは切れるぜ、タイトロープダンサー。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ