mail ほんの少しの適当さがよい

「メール1本500文字、15分」こだわり屋の私が"適当さ"を獲得できたきっかけ

6月12日(土)8時15分 プレジデント社

発達障害の当事者で、コーチングのプロの銀河さんはかつて、長いメールを時間をかけて書くことが日常化していました。そんな銀河さんが、短くわかりやすいだけでなく、相手の懐に入り込むためのメールを短時間で書く方法、共感されやすい話し方のコツを伝授します——。※本稿は、銀河『「こだわりさん」が強みを活かして働…

記事全文を読む

「メール」をもっと詳しく

「メール」のニュース

BIGLOBE
トップへ