高価格ラジカセが予想外のヒット

ハイレゾ音質のラジカセがヒット、おじさんニーズに合致

7月14日(土)7時0分 NEWSポストセブン

音楽はスマートフォンで楽しむ時代になったが、30年ほど前まで、その主役はラジカセだった。好きな曲をラジオやレコードからカセットテープに録音し、自分で編集した1本には、青春時代の思い出が詰まっている。そして、再生するラジカセ本体がない今も、これらのカセットテープを大事に押し入れの奥で眠らせている中高年…

記事全文を読む

「ラジカセ」をもっと詳しく

「ラジカセ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 2万3千円で高価格なのか…40年前ならステレオラジカセは今の価値なら8万円くらいは普通だった。今や2万じゃあ50年以上作り続けているDENONのDL-103(レコード針)も買えない。

  • カセットテープか〜。メタルテープとかもあったよね。MDは寿命短かったね〜

  • 東芝のは買いません。

  • TBS「音楽の日2018」・・「僕たちの失敗」森田童子は平成の曲じゃないだろー1976年リリースの昭和の名曲だわ!!!

  • オーレックスかぁ?40年前は賑やかにシステムステレオ出してたなァ?またその名前遣うんか?ごくろはん・ゴクロハン

全件表示する

BIGLOBE
トップへ