JT「吸うカフェイン」で一休み

カフェインやGABAを「吸引摂取」 元JTのエナジードリンク好きが作った電子デバイス「ston」発売

12月3日(火)21時47分 ITmedia NEWS

スタートアップのBREATHER(東京都港区)は12月3日、電子たばこに近い技術を用いてカフェインやGABAを摂取する新しい吸引デバイス「ston」(ストン)を発表した。Amazon.co.jp限定販売で、価格は6000円(税別)。同社の菅沼辰矢社長は、JT(日本たばこ産業)出身だが、stonはニコ…

記事全文を読む

「カフェイン」をもっと詳しく

「カフェイン」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • カフェイン過剰摂取になりかねないんじゃないのか…?

  • 肺や粘膜から即効吸収されるから効き目も早く、長時間有効だよね。しかし、飲むのと違い、いくらでも吸えるから過剰摂取による副作用もあるよね。匂い付けなどしていたらその物質にも問題ふりそうだよ。危険だよね。

  • 病みつきの意味では麻薬ではないのか。JT解体して何か困る事あるか。健康被害だけでない、道路等へのゴミ捨て喫煙者がなくなり環境美化、JT社員の健康企業への転職など良い事づくめだろう

  • そんな物を作ったら駄目だと思う!!、下手に悪用利用されたらどうなるのか!?。

  • これはどこでも吸っていいものなのか?喫煙所に行く必要はあるのか?そしてこの手の吸引ブツは発がん性がどうのこうのと後日アナウンスが出るケースがあるけど安全なのだろうか?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ