原巨人の「補強策」に矛盾あり?

原巨人の「補強策」に矛盾あり ベテラン続々獲得も、内海・長野はプロテクト漏れ

1月11日(金)7時0分 J-CASTニュース

第3次原政権の補強策が批判の的になっている。今オフ巨人はFA(フリーエージェント)で、炭谷銀仁朗捕手(31)と丸佳浩外野手(29)を獲得。FA以外では、岩隈久志投手(37)、中島宏之内野手(36)、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)、ライアン・クック投手(31)の獲得に成功したが、チーム編成にお…

記事全文を読む

「内海哲也」をもっと詳しく

「内海哲也」のこれまでの出来事

「内海哲也」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 個々のパーツは揃えても、使いこなすことはできないし、何と言っても生え抜き選手には次は俺が出される番だと、士気が上がらない。

  • で、監督って1億円以上は軽くもらえるんでしょ。      良かったね賠償金ペイ出来て!

  • こんな事を続けたら若手が育たない、その内入団する選手が居なくなるぞ。原少しは反省しろ、いつも金かけてベテラン選手集めて自分の保身だけ。優勝してもうれしくないだろう。広島を見習え、もう巨人ファン辞めた。

  • いつものことでしょ?これが巨人だよ。それにしても高橋は気の毒だった。もう少し続けられれば良いチームができただろうに。

  • 一億円以来、耄碌したんじゃねえのか?

全件表示する

BIGLOBE
トップへ