「限界でした」最後の近鉄OB会

近鉄OB会「消滅」最後の会合 鈴木啓示会長「寂しいが限界」

1月12日(土)19時58分 スポーツニッポン

2004年にオリックスに吸収合併となり消滅した近鉄バファローズ最後のOB親睦会が12日、大阪・天王寺の天王寺都ホテルで開かれ、別れを惜しんだ。鈴木啓示OB会長(71=本紙評論家)はあいさつに立ち、「年々活気がなくなり、運営も難しくなっていた。新たな入会者は望めず、もう限界。残念で寂しいが、休会ではな…

記事全文を読む

鈴木啓示会長「限界でした」近鉄OB会が活動終了

1月12日(土)19時36分 日刊スポーツ

近鉄OB会による親睦会が12日、大阪市阿倍野区の天王寺都ホテルで行われ、OB会としての最後の活動を終えた。梨田昌孝元監督(OB会副会長)、土井正博前中日打撃コーチ、村上隆行中日打撃コーチ、羽田耕一三田学園総監督ら63人が出席し、鈴木啓示OB会長があいさつ。「寂しいですが、今回を最後にしようということ…

記事全文を読む

「近鉄バファローズ」をもっと詳しく

「近鉄バファローズ」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 寂しいがしょうがないよね。無くなった球団だし黄金期のOBは気軽に動ける年齢じゃなくなってきたし、これも時代の流れか

  • 球団消滅して若い人入会しなければ限界でしょう。国の少子化と同じこと。

  • 球団消滅時から思っていたことだが、「バファローズ」というチーム名だけ残しているのは、旧近鉄ファンにはかえって酷なことだと思うのだが?

  • 近鉄パールズは懐かしいが、人がいなくなったんじゃ解散も仕方ないナ。

BIGLOBE
トップへ