炎鵬 正代に「潰され」て初黒星

炎鵬、正代に“潰され”て初黒星 視聴者は「これが炎鵬に勝てるやり方」と正代の戦略を称賛

1月13日(月)19時27分 AbemaTIMES

<大相撲初場所>◇二日目◇13日◇東京・両国国技館前頭四枚目の正代(時津風)が前頭五枚目の炎鵬(宮城野)を上手投げで下し、2連勝を決めた。この日、炎鵬の対戦相手は70キロ以上の体重差がある正代。炎鵬は立ち合いでいつものように正面から当たっていくが、正代にがっちりと受け止められてしまう。そのまま炎鵬は…

記事全文を読む

「大相撲」をもっと詳しく

「大相撲」のこれまでの出来事

「大相撲」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • それはそうと、相撲中継で見てる人はリプレイで判るけどワザワザ見に行くと高い割に遠く説明も少なく結局スマホ取り出して小さい画面で見たり意味判らん事になる。土俵の上に四方向大画面液晶は必要だと思うわ

  • 初黒星って言い方マヌケだな、「2日目で黒星」とか言いえよ、中日越してからならわかるけどな、タイトル考えた奴小学生か、ノーバン投球見出かくしアホかもしれんな。

  • むかし 舞の海が 小錦の全体重あびせられ 足を骨折 入院。 何とか! 怪我だけが心配だ

  • お見事、正代。今場所はやる気ありそう。このまま突っ走れ!炎鵬は体重がある力士相手に掴まれたら駄目だね。離れてかき乱さないと

  • 第二の舞の海 頑張れ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ