貴乃花親方「新・爆弾文書」とは

貴乃花親方の“新・爆弾文書”は協会公表事実と大きく異なる

1月24日(水)16時0分 NEWSポストセブン

2018年の大相撲初場所は、白鵬と稀勢の里の2横綱が連敗から休場となるなど、大荒れの様相だ。荒れているのは土俵の上だけではない。場所後の相撲協会理事選をめぐり、親方衆の暗闘が繰り広げられている。全親方の約3分の1である32人もいる学生力士出身の親方衆には、現行体制に不満を持つ親方も多いとされ、その動…

記事全文を読む

「貴乃花親方」のこれまでの出来事

貴乃花親方をもっと詳しく

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • 八角理事長や池坊議長など、腐った相撲協会を浄化できるのは、新理事長の貴乃花だけ!!

  • この文書をマスコミ全社及び全ての親方に配布するべき。 現場にいて、止めなかった人物を告発してもよいのではないか(暴行ほう助)。 やはり、協会として困ることなので一蹴したと思われても仕方ない!

  • 大きな爆弾が、大爆発して相撲協会の組織が吹っ飛び、新しい組織が立ち上がることを、期待する。白鵬も一緒に吹っ飛べば良い。

  • 事の始まりは白鵬が快く思わない貴ノ岩への制裁目的でモンゴル横綱を連れて関係の無い鳥取城北高校の同窓会に出席した事。二次会は貴ノ岩への制裁目的で連れ出した計画的犯罪。協会が有耶無耶にすると確信事件

  • 何が爆弾か知らんが、貴乃花じゃ協会を仕切っていくことは絶対無理だ。協調性の無さや、時代錯誤の「相撲道」なんて、一般社会で「武士道」で仕事なんて通らないのと同じだ。力士だけで相撲やってんじゃない興行だぞ

全件表示する

BIGLOBE
トップへ