タイソンを倒した男の栄光と苦闘

「世紀の番狂わせ」から30年 タイソンを倒した男、ダグラスの栄光と苦闘とは

2月16日(日)11時0分 J-CASTニュース

今から30年前の1990年2月11日、東京ドームで「世紀の番狂わせ」が起こった。無敗を誇るヘビー級統一王者マイク・タイソン(米国)が、挑戦者ジェームス・ダグラス(米国)の一撃に沈んだ。世界のボクシング界における史上最大級の「番狂わせ」だった。あれから30年、いまなお語り継がれる「世紀の番狂わせ」の主…

記事全文を読む

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • マイク・タイソンは恩師のカス・ダマトに「ドン・キングは絶対に組んではいけないプロモーターだ」と何度となく言い聞かされていたのに、金に目がくらみドン・キングのプロモートを受けてから精彩を欠き始めた。

  • 世紀の番狂わせ?あの時のタイソンはスパーリング時からヨレヨレで負けるべくして破れた、長嶋のクソ解説も印象な残ってる

  • 人生 色々

  • マイク・タイソンは頭の方もゴリラ並みで、女房にも騙されて全てを失ったんだよな。

BIGLOBE
トップへ