伊調騒動に関係者が同調しない訳

伊調馨「パワハラ告発」にレスリング関係者が同調しない理由

3月18日(日)7時0分 NEWSポストセブン

女子レスリングで五輪四連覇、国民栄誉賞も受賞した伊調馨をめぐる、レスリング協会の栄和人・強化本部長からのパワハラ告発は、長期戦になりそうな気配だ。「パワハラはあった」という声はそこかしこから聞こえるのに、告発を後押しする動きが鈍いことを奇妙に感じる人も多いだろう。なぜ、今回の告発はレスリング界のムー…

記事全文を読む

「伊調馨」をもっと詳しく

「伊調馨」のこれまでの出来事

「伊調馨」のニュース

コメントの受付は終了しました。皆さんから投稿されたコメントをご覧ください。

みんなのコメント

  • あの学長は、なにもわかっていない。パワハラをわかっていない。よく国会議員やってたな。

  • 大相撲の問題でもこの問題でも一方的な被害者はいないのかもしれない。しかし、権力のある側はもっと謙虚であるべきだと思う。

  • 不祥事の多い相撲や柔道でも自浄作用なんか働かないんだよね

  • 恐ろしいほどのパワハラオバサンが出てきたなぁ、言葉一つ一つがパワハラじゃ!これじゃ、レスリングは育たなくなるわいな!あかんこっちゃ

  • 口開けているだけで食べ物を入れてもらえると思っている選手が多いということかな。海外では考えられない嫉妬心だね。良いコーチは奪い合いが普通の世界なのに、護送船団方式では勝てなくなるよ。柔道がそうだった。

全件表示する

BIGLOBE
トップへ